怖いテレビを見ている時は隣にいてくれた猫

私は今まで15匹の猫と暮らしてきたのですが、その中でも1匹目の家族となった子のお話をします。その子は私が小学校1年生の時にスーパーのチラシで里親募集をしており、引き取りにいきました。まだ子猫の時はヤンチャでよく走り回っていました。
私が怖いテレビを見ている時は隣にいてくれたりと、とても優しい猫でした。それから何匹も我が家に家族が増え、不思議と猫って下の子が来ると急にお兄さんやお姉さんになるので、その子もだんだん落ち着いてきて、なんだか寂しい気持ちになったのを覚えています。
いろんな下猫のお世話もしてくれて誰よりも心優しい子になってくれました。私が体調が悪い時や親から怒られて部屋にいる時、必ず静かに横にいてくれました。猫は綺麗な心を持ち、とても素直です。その子はもう天国へ旅立ってしまいましたが、昔みたいに側にいてくれているんだろうなと思います。猫はとても可愛い生き物で、人間も尊敬する所がたくさんある生き物です。