肌荒れ対策について

私が悩んでいたのは、肌荒れです。もともとアレルギー性皮膚炎があり、季節の変わり目になると肌が乾燥して痒くなります。痒みを感じると体を掻かずにはいられなくなり、寝ようとしても夜中に何度も目覚めてしまい眠れなくなります。
私が実践したスキンケア方法は、お風呂上がりに化粧水や薬を塗るということです。かかりつけの、皮膚科の先生に教えていただきました。私は、皮膚科で保湿剤(ヘパリン類似物質配合)と軟膏(ステロイドとワセリンの混合薬)を処方してもらいました。それに加えて、ドラッグストアで購入したハトムギエキス入りの化粧水とワセリンを使っています。」お風呂からあがったらまず、体を拭かないでそのまま化粧水を塗ります。次に保湿剤、軟膏、ワセリンの順に塗って完成。
私がこの「ワセリンとヘパリン類似物質で徹底保湿作戦」を実践してどうだったかというと、肌の感想やつっぱり感がなくなり、肌の表面がすべすべするようになりました。痒みもほとんどなくなり、今までは夜に突然痒くなって熟睡できなかったのですが、体をひっ掻くこともなくなって、熟睡することができるようになりました。ヘパリン類似物質含有の保湿剤をを使用したことで、色素沈着でできた傷跡も薄くなったような気がします。
「ワセリンとヘパリン類似物質で徹底保湿作戦」をおすすめしたい人は、乾燥肌の方やアレルギー性皮膚炎で肌が荒れて困っている人です。逆に、オイリー肌と言われる、皮脂が多く分泌される体質の方にはおすすめできないと思います。
お風呂からあがった直後から皮膚表面の水分が乾燥し始めるので、あがったらすぐ(最低でも3分以内)に化粧水と保湿剤を塗って水分を肌に閉じ込めるようにしてください!保湿剤や軟膏は、触ると少しベタつくかなと思うくらいの量がちょうどいいです。